バイト体験談イベントスタッフ:マイナビバイトを数字で徹底解剖!

バイト体験談コラム #2 試験監督バイト

管理人のバイト体験談コラムの第2回では、試験監督を取り上げてみます。試験監督は名前の通り、公的・民間資格試験や大学の期末試験などを監督するバイトです。

試験監督バイト【内容】

バイトなので、コアの部分の仕事ではなく、ほとんどが試験問題・解答用紙の配布・回収やカンニング防止のための巡回などが主な仕事内容になります。

管理人はこれまで多数の試験監督をしてきましたが、そのどれもが大学の期末試験でのバイトでした。これは、マイナビやフロムエーなどには記載されることはほとんどなく、多くが近隣の大学などで募集がかけられていると思います。

で、バイトの内容なのですが、意外性は特にありません。普通に問題を配って、普通に監督をして、普通に回収をして終了です。ただ、カンニング防止のための巡回や試験問題・解答用紙はシビアにしっかりとやる必要があります。このうち、カンニング防止は、「カンニング見つけてやる!」と思う人も多いようなのですが、予防的な視点でカンニングさせませんよ、というオーラが必要だと感じています。

面白いと感じるのは、主任?の試験監督を観察することでしょう。その大学の教授や准教授が担当するのですが、人によっては、試験監督中に自分の仕事をしたり、本を読んだりしています。もちろん、試験が始まってからだし、試験監督が自分以外の人もいて、試験監督に影響が出ない場合限定ですが。それと、よく観察すると、自分の仕事をしているようで、ちょくちょく目を光らせていることが分かります。何だかんだで、しっかりと仕事をしていることが分かります。

今日はこの辺で。