インターネット銀行が重要な理由:マイナビバイトを数字で徹底解剖!

インターネット銀行(ネットバンク)とは?

ネットバイト(ネットを使ったバイト)をする場合に重宝するサイトがインターネット銀行です。10年ほどの浅い歴史ですが、国内外の銀行も含めてインターネット上のサイトで残高照会や振込・払出などが可能になっています。三菱UFJ銀行やみずほ銀行など全銀行がネット上にウェブサイトを展開していますね。

今回ここで説明するのは、ネット専業銀行です。ネット専業銀行とは、現実の店舗を持っていなく(もちろん、本社等はあります)、ネット上だけでサービスを展開している銀行のことです。

現実の店舗を持っていないため、維持管理費や人件費などを圧縮できるのですね。そのため、手数料や金利などもかなり優遇されています。もちろん、口座開設や口座維持費も無料です。

ネット銀行とネットバイトのおいしい関係

なぜ、ネット銀行がネットバイトとマッチしているかというと、手間がかからないのですね。いちいちATMや銀行まで出向いて支払い手続きをする必要がないからです。そのため、ネットバイトをサービス展開しているサイトのほとんど(全てといっても過言ではありません)が、ネット銀行も使えますよ、便利ですよと推奨しています。

で、もちろんネットで「現実のお金」をやり取りすることに抵抗感がある人も多いと思いますが、その心配は無用です。全国銀行協会の指針と法律に基づき、補償が確保されているからです。


ネットバンクの王道サイトはコレだ!

その中でも特に注目したいネット銀行は、プロ野球でもおなじみの楽天銀行です。

楽天銀行(旧イーバンク銀行)は、2001年にサービスを開始した日本最大級のネット銀行です。プロ野球の楽天や日本最大のショッピングモール「楽天」ですので、安心感は絶大です。

不正利用への対策も厳しくて、IDとパスワードだけでは利用できません。毎回のように自分で登録した合言葉を聞かれます。また、利用情報がメールで送られてきますし、定期的にパスワードの変更も求められます。(利用状況がすぐ分かります)

利用するとその便利さに気づくことでしょうね。